疲れ目に効果的食品

空

目にいい食品と聞いてほとんど人がまず思い浮かべるのがブルーベリーでしょう。なぜならブルーベリーの主な成分はポリフェノールの一種のアントシアニンであり、私達の網膜の光を伝えるロドプシンの再合成を促進する作用があるからです。そのため、現代人の悩みの種である疲れ目の予防・改善、そして嬉しいことに視力の回復にも効果がある他、毛細血管の活性化、保護や強化など目にはとても良い栄養素なので、ブルーベリーは目にいい食品の代表格であると認識されています。

ブルーベリーは一般的にジャムや洋菓子などに多く利用されています。トーストにブルーベリーのジャムを塗って食べたり、食後のおやつにブルーベリーがトッピングされたケーキを楽しむ方が、オススメのブルーベリーの食べ方はビタミンCと一緒に摂取することです。アントシアニンとビタミンCの相性は非常によく、一緒に摂取することでその効果は倍増します。まさに抗酸化作用の最強ペアといえるでしょう。ブルーベリージャムを実際に手作りした人なら理解している人が多くいますが、作る工程でビタミンC豊富なレモン果汁を加えます。この行為によりにブルーベリージャムは更に目に食品になるのです。

ブルーベリーの中でもアントシアニンの量が普通のブルーベリーの三倍~五倍も含まれているビルベリーもあります。北欧に自生している野生種なので入手するのは簡単ではありませんが効果は絶大です。ビルベリーのエキスが含まれたサプリメントも販売されているので、疲れ目の方は購入してみると良いでしょう。