目の乾燥を防ぐ方法

男性

職場で仕事をするときや自宅でオンラインゲームを楽しむときなど、大人から子供まで私達の生活に欠かすことの出来ないくらい便利なパソコンですが、パソコンの画面を集中してじっと見てしまうと、目は非常に疲れてしいドライアイの原因に繋がります。
具体的にどのような方がドライアイの注意が必要かというと、毎日パソコンを長時間使う方や細かい数字や文字を見ながら仕事をしている方、時間を忘れて趣味のゲームを楽しむ方は特に注意が必要です。
一般的に人間の瞬きの回数は一分間に20~30回だと言われていますが、パソコンの画面を長時間集中して見ている人はその回数は激減して四分の一程まで減ってしまうと言われています。

パソコンを長時間利用する人は注意が必要ですが、ちょっとしたことでドライアイの予防になります。まずは意識的に瞬きの回数を増やすことです。瞬きの回数が極端に減ると目の表面が涙で保護することが出来なくなり、その結果ドライアイになったり目に傷がついてしまいます。そして、自分の見やすい環境づくりをすることも大事です。パソコンのモニターやディスプレイの位置を自分の目線よりも下に置くことも有効ですし、直射日光を避けて、室内を明るくすること大事です。
私達の目は非常に繊細です。長時間パソコンを利用する場合は、目の休息時間を設けましょう。なにより大事なのは、目の乾燥を防ぐことです。市販の目薬なども活用して乾燥からご自身の目を守るようにしましょう。