子役になりたい!まずはオーディションの準備をしよう

赤ちゃんからシニア世代までが対象

俳優、歌手、モデル、声優など、子役以外でも様々な分野で活躍してくれるエンターティナーを養生しています。年齢は、0歳から上はシニアまでと幅広く、創設して以来多くのタレントが活躍し続けています。

子役が活躍する場面トップ5

男の子
no.1

テレビCM

CMに出て、一気に人気子役へ上りつけたという子もいるくらい、CMは子役を売り出す重要な部分と言えます。事実、ドラマよりも手軽に出演できるので、そういう意味でも養成所出身の子供が輩出されています。

no.2

ドラマ

次に多かったのがドラマです。共演者の子供役、主役の幼少期を演じるなど、非常に重要な役柄を任されています。

no.3

映画

まだ名前が知られていない子役は、映画の脇役やエキストラで出演することもあるそうです。オーディションに合格すれば、大きな映画に出られるチャンスがあるでしょう。重要な役がもらえれば、子役人生まっしぐらです。

no.4

バラエティー

近年、バラエティーに多くの子役が輩出されていますよね。バラエティー慣れしていなくても、共演者がしっかりフォローするので子供は安心して仕事をすることができます。また、番組中で積極的に発言すると、いい意味で印象を残せるでしょう。

no.5

声優

アニメの声はもちろん、バラエティー番組のナレーションも子役が活躍している場所です。体と顔の表情が視聴者から見えないため、映像に合わせて抑揚をつけることが重要でしょう。とても難易度の高い技といえます。

子役になりたい!まずはオーディションの準備をしよう

子供

様々なジャンルで活躍するには?

ドラマや映画、CMで活躍するにはオーディションに合格しなければなりません。子供向け学習雑誌で見事表紙を飾った子役は、後に「雑誌が好きで将来絶対に載りたいと思ったから」とオーディションを受けたきっかけを話しています。スクリーンの向こう側に行きたいという思いがあるなら、夢実現の一歩としてオーディションを受けてみましょう。

子供

絶対に合格するなら写真が重要

子役のオーディションを受ける時に必ず送るのが写真です。履歴書の中で一番目立つので、撮影時は服装や髪型、背景に十分注意しなければなりません。全身写真では、何頭身あるのかわかるようバランスをとって撮影しましょう。上半身の撮影は、顔の表情、髪の長さがわかるように、胸より上から撮るようにしてください。もっといいものを撮影するなら、プロのカメラマンがいるスタジオが適切ですよ。

女の子

オーディションの基本の流れ

【赤ちゃんの場合】
0歳から2歳の赤ちゃんは、最初にオーディションへエントリーします。やり方は、ネットから簡単にできます。完了したらオーディション内容が詳しく記載されている書類が郵送されます。興味が湧いてきたら、開場へ出向きカメラテストと集団面接を行ないます。

【子供の場合(幼児&中学生)】
養成所へ入って頂き、オーディション合格のためにレッスンをします。週1程度なので、学業を上手く両立できるでしょう。指導力に長けている講師がレッスンを担当するので、オーディション合格により期待がもたれます。

情報集めをしっかり行なう

子役として大成するなら、オーディションが近道です。受かるために重要なのは、オーディション内容を自身が把握すること、緊張してもいいから、自分らしさを全面アピールすることです。

広告募集中